学び 英語学習

英語を本気でやりなおしたい社会人におすすめの英文法参考書

英語を本気でやりなおしたい社会人におすすめの英文法参考書

 

社会人で英語をやりなおしたい、どうしてもマスターできないという人は多いですよね。
今まで何度もチャレンジしては途中で挫折したり、時間がないという理由で諦めたり。

それはたぶん効率的かつ本質をついた学習ができていなかったんじゃないでしょうか?
中学・高校の延長で、同じような教材を使って同じような勉強をするやりかたでは絶対に上達しません。
僕も挫折やあきらめをくり返し、何がダメなのか考えました。

結論からいうと、中・高での勉強方法がしみついていて、『会話する』『コミュニケーションする』ということを優先していないことに気がつきました。

つまり『ひたすら単語を記憶する』とか『長文を読む』ことに重点をおいた学習方法です。
これらが悪いとは言いませんが、ひたすら詰めこむ学習は楽しくないし、身についているという実感を感じにくいんです。

そこで、こうした「詰め込み学習」から「会話するための学習」にきりかえたら、かなり楽に学習できて、身についているという実感も得ることができました。

『会話のための学習』につかえる教材を紹介したいと思います。
これできっと英語学習が楽しくなるはずです。

 

 

一億人の英文法

 

まずおすすめしたいのは、『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)』です。

この本をざっと読んでおくと、中学生英語はおさらいできます。
これを中学のときに持っていたら受験勉強の苦痛はかなり軽減できたとおもいます。

英文法書というと教科書的なわかりにくさがありそうですが、この参考書はやはり「話すこと」のために書かれています。
動詞を含む単語にはそれぞれあるイメージを持って使われます。
日本語で話すときも何かの動詞をいうとき、なにかしらイメージをおもい浮かべて話しますよね?
似たような意味の動詞も、使うときにそれぞれ異なるイメージやニュアンスがあり、それを図示して書かれているので、どういう場面でつかう動詞なのかがわかります。
まさに「話すため」の文法書です。

ただし英文法書なので、とうぜん文法用語がでてきます。
文法用語にたいして拒否反応をしめす人がいますが、理解の助けにもなるのでこれだけは改善したほうがいいとおもいます。

 

 

世界一わかりやすい英文法の授業

 

リクルートのスタサプや元東進ハイスクールの英語講師として有名な関先生の本、『カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業』です。
僕が必死で勉強してた頃は、こんなに本質的に学べる教材はなかなかなかったですが、スルスルっと理解できる面白い内容なのでぜひ一読してほしい本です。

すべてを網羅的に書かれているわけではないですが、本に書かれている以外のことも同じような考え方で学習していくことで単語や文を丸暗記などせずに、推測したり理解を深めることができるようになります。

関先生は単語や文を丸暗記せずに理解できる「なぜそうなるのか」の理由を説明してくれています。
だから腑に落ちる。これを応用していけば英語力は格段に上がります。

会話していても意味のわからない単語はでてきます。その際にどうやって推測して意味をつなげて会話を成立させるか、ということのヒントにもなります。

 

 

どんどん話すための瞬間英作文

 

実践で英語を「話す」のはつまりアウトプット。
素早くあたまをフル回転させて口から英語がスルスルとでてくるようにするための第一歩として、この本『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(CDなしバージョン)』は最適です。

徹底的にアウトプットすることは上達には絶対かかせない学習方法ですが、とくにリスニングの上達につながります。
なぜなら「耳が英語の音に慣れる」から。

CD付きなので、さらっとでも聴いて耳を慣らし、くり返し声に出して反復すれば英語のニュースなどでも意味がだんだんわかるようになってきます。

この本のいいところはたくさんの短文で構成されている点です。
普段の会話というのは多くの場合、短い文を話しているだけ。なのでここに載っているセンテンスをたくさんくりかえし練習すれば自然と耳にしみついていきます。
今ある自分の文法スキルを駆使し、和文を英文に置き換えるという作業になるので丸暗記にはなりません。

一冊を5、6週間かけて6回くり返すとほぼ忘れなくなります。
忘れた頃にやりなおす、というのが脳科学的にも理にかなっているようなので時間をあけた反復がおすすめです。

このシリーズはいくつもあるので、自分のレベルにあわせて選ぶといいと思います。

 

 

最後に

 

継続するのはなかなか大変です。
会社の通勤時間がたくさんあってもなかなか家にいるように勉強するのはむずかしい。

それを乗り越えて英語を上達するには、効率的で本質をついた学習方法や教材を見つけることです。
さいごにおすすめしたいのは「英語リスニング」というアプリです。

飽きのこない最新のトピックで、20分程度で数回読みとおせる文章量なので通勤時間にはぴったりです。
活用法としては、まず文を読まずに2、3回聞きとりだけで翻訳します。
つづいて日本語訳を読みながら聞き流し、全体の内容を理解します。
その後、声を出しながら(心の中でつぶやきながら)最後まで意味を理解しつつ読んだら、もう一度すべてを聴きます。

だいたい集中すれば20分でかなり耳が音に慣れます。
夕方、あるいは次の日に再確認で聴いてみると、定着している部分もあると思います。

英語はくりかえししか身につける方法はないので、いかに苦痛にならずに質の高い学習をするかがカギ。
皆さんの学習の一助になれば幸いです。

頑張りましょう!

 

 

-学び, 英語学習

© 2021 たちくら