学び 英語学習

【効率的】英語学習におすすめな映画・ドラマをつかった超カンタン勉強法

映画を観て英語力をアップ


楽しく、自分のレベルにあわせた英語学習ってなかなか難しいですよね。
そこでおすすめなのが映画やドラマを使ったリスニングやシャドーイングの練習です。

TOEICなどの試験対策としても、聴きとって理解できるようになればリスニングだけでなくリーディングも点数を伸ばせるはず。

その教材として、以下の映画やドラマをオススメします。
英語学習の初心者でも、中学英語の文法力があればじゅうぶん楽しめます。

PCを持っている人は、HuluやNetflix、amazonプライムビデオなどのサブスクで視聴するのがおすすめ。
高機能の英語字幕が表示できるGoogle Chromeブラウザの拡張機能がとても便利です。
詳しくは、下の以前書いたページをどうぞ。

英語学習に最適!amazonプライムビデオを英語字幕で観る
参考01英語学習に最適!amazonプライムビデオを英語字幕でみよう!

  外国映画を英語でみたい! 英語を勉強していたら当然思いますよね。 それなら学習してるうちから実践してしまえば手っ取り早い。 英語字幕つきなら、シャドーイングやティクテーションといった英語 ...

続きを見る

Netflixを英語字幕で観る方法
参考02英語はNetflixで学べ!〜英語字幕の設定方法〜

僕は今、3つのサブスクに登録してます。 amazonプライム Netflix Hulu(2週間無料トライアル実施中) amazonプライムは月額¥500でプライムビデオも観れるのでお得。 それひとつで ...

続きを見る

 

 

おすすめの映画・ドラマ5選


紹介したいものはたくさんありますが、僕が実際に活用したものを5つに絞り、レベル順に並べてみました。
星の数が多いほど初心者向けです。

 

フルハウス

日常つかわれる言葉も多く、聴きとりやすいと思います。
子どもが小さいとき、一緒に見返してましたが、案外じっと観ていました。
人の動きや展開が早いので興味をひきやすく、お子様向け教材としてもいいのかもしれません。

見放題で視聴可能なサブスク:Netflix
amazonプライムビデオはレンタル可能(2022年3月現在)

 

フレンズ

上のフルハウスと交互に見ていたりしました。
レベル的にはあまり違いがないので、どちらかだけでもいいと思います。

見放題で視聴可能なサブスク:Netflix
amazonプライムビデオはレンタル可能(2022年3月現在)

 

サブスクでは観られないので、DVDを購入するしかないのですが、amazonで入手可能です。
日本語で見慣れているひとも多いはずなので、リスニングも聴きとりやすいと思います。

見放題で視聴可能なサブスク:Netflix
amazonで購入可能

日本版よりも輸入盤のほうがお得。
再生機のリージョンに注意ですが、ブルーレイであれば問題ないでしょう。

千と千尋の神隠し
¥4,480 (2022/09/30 22:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

小さな本屋を営む男の前に、ある日突然ハリウッドの人気女優が訪れる。
ローマの休日のような話が、誰にでもある日常の中で展開されます。
なので難しい会話は一切ありません。
「日常」と「恋愛」のセリフばかりなので、リスニングやシャドーイングの練習教材としてはすごくおすすめです。

スクリーンプレイというセリフが英語と日本語の対訳になった書籍があるのですが、このタイトルはなかなか重版しないので出回っているのは古書です。
価格も高くなっているので手が出ないという方は、サブスクの英語字幕を活用しましょう。

Netflixやamazonプライムビデオなら、chrome拡張機能が便利です。
詳しくは、下の以前書いたページをどうぞ。

見放題で視聴可能なサブスク:Netflix
amazonプライムビデオはレンタル可能(2022年3月現在)

 

ところどころ難しい単語も出てきますが、友人同士の会話といったものが多いので、自然な会話スピードを聴きとるには良い練習になります。
原作はスティーブン・キングでストーリー展開もおもしろいので飽きることなく観れると思います。

見放題で視聴可能なサブスク:Hulu、Netflix、amazonプライムビデオ
amazonプライムビデオはレンタル可能(2022年3月現在)

 

 

映画やドラマを使った学習方法

英語学習方法・シャドーイングなど


僕はめんどくさがりなので、あまり負荷をかけずに効率のいいやり方をいつも考えています。
なので、必要なのはノートとペンだけ。
方法は以下の2つ。

 

その①:シャドーイングと翻訳リスニング

 

『シャドーイング』と『意味を理解しながらリスニング』です。
2回ほど繰り返し観ることをおすすめします。
もちろんそれ以上でも。

1回目はシャドーイング、2回目は前から訳を理解しながらリスニングしていく。
自分の口から同じ音をだしたことがあると、意外と記憶もしやすくなります。

これは口の筋肉を動かしているので、運動性記憶と呼ばれる脳機能の働きです。
これによって一度定着した記憶は忘れにくいという特徴があります。

 

その②:気になるセリフや、まったく理解できなかったセリフをノートに書きとめる

 

使いたくなる、あるいは普段つかえそうなセリフを書いておき、あとで繰り返し音読します。
その①でもあるように音読は運動性記憶がはたらいて、記憶に残りやすくなります。

まったく理解できなかったセリフは、おそらく文法的に自分の弱点であることが多いです。
そこは重点的に別の教材などで練習すれば、英語力の補強につながります。

 

それでは、ぜひ映画やドラマで、ボキャブラリーを増やしていきましょう〜

 

-学び, 英語学習

© 2022 たちくら