子供の教育 学び

【2022年度版】幼児からはじめる英語学習とおすすめのスクール

2022年度版オススメの幼児向け英語教室


いまの子供たちが大人になって生きていくためには、人口減少がすすむ日本を相手するよりも、これからは海外の人たちを相手に商売すべきだと思います。
今後さらにスタグフレーション化していく日本では、会社に入っても仕事のストレスとその対価はトレードオフの関係にもならず、ひたすら心身を削るだけでいいことはありません。

そうした生き方を選択する場合、英語が話せることはかなりのアドバンテージです。
※そのあたりの話は、以前『いま、なぜ英語を学ぶ必要があるのか。という記事に書きました。

 

英語を学ぶ必要とは?
過去記事いま、なぜ英語を学ぶ必要があるのか。

いつもは英語の勉強方法などを書いていますが、今日は少しばかりセンシティブな内容になります。 ここで政治問題を語るつもりはないですが、テーマを語る上では必要になるのでサラッと書きます。 なぜ今、英語を習 ...

続きを見る

 

英会話市場の動向は、20年くらい前と比べてもあまり変わっていません。
これは必要性をみんなが感じていて、学ぶ人も減っていないということで、さらに言えば話せるようになるひとも少ないということじゃないでしょうか。

子供が英語教育をうけるのに最適なのは、2歳〜から5くらいといわれてます。
そのころに耳をならしておけば、小中学生で英語をはじめる頃には一人でも学習を進めていけるようになっているはず。

自分の子供をみていて思うのですが、そうした得意分野が一つでもあると、その自信からか他の教科にも影響を与えて成績が伸びている気がします

 

顧客満足度ランキングをもとにおすすめする幼児向け英語教室


幼児向けの英語教室を探そうとすると、ネット検索するだけで山ような数のスクールがヒットしてきます。

そんなとき英語教室えらびで迷ったら、実際の体験者の声でえらぶのが一番です。
オリコンが実施した2022年度の顧客満足度調査『子ども英語 幼児部門』のランキングを参考にしてみてはどうでしょう?

1位から7位までをみてみましょう。
きっと最適なスクールが見つかるはずです。

 

顧客満足度ランキング1位から7位

 

幼児向けは0歳からのコースもあり、教室はおもに大型ショッピングモールに併設するかたちで展開している子どもむけの教室です。
講師は日本人と外国人がペアになって教える体制をとっています。
訳あって休んだとき、振替で授業をうけられるのも魅力。

 

2位:『ECC キッズ

1歳から5歳までの幼児コースがあります。
英語体験を身近なもので触れ合えるような教室づくりがされていて、歌やダンスなど体を動かしながら楽しく英語を身につける授業スタイルです。
教室のロケーションは基本的に駅の近くなので通学は便利です。
教材や親のサポート体制も充実。
ECC キッズ/見学説明会予約フォームはこちら

 

3位:『ECCジュニア

幼児向けは「2歳・3歳」と「4歳・5歳」に分かれています。
前者はおもに、いろいろな英語のオモチャを使ったり英語の絵本で目と耳を刺激する『知育』中心の学習で、後者は『読む・書く』といった小学校に向けた学習要素と『聴く・発話する』といったコミュニケーションをおりまぜた学習になります。
成長に合わせた学習にはとても良さそう。
教室数はかなり多く、通学にはとても便利なスクールです。

 

生後9ヶ月からはじめられる英語スクールです。ベネッセなので、あの「しまじろう」も登場するでしょう。
子どもがあきない教材をつかって、からだと耳、目をフル活用しながら受講します。
印象としては「発音」を大切にしている感じ。
大人でも発音がよくなると記憶に残りやすく、聴きとる力も向上するのでここを重視しているところが高ポイントです。

 

1歳から始められます。
年齢分けは「1・2歳」と「3歳」「4・5歳」「6歳」、それ以降も2歳づつに別れる構成となってますので、成長にあわせたカリキュラムが実施されている感じがあり好印象です。
また、英語を通して論理的思考力を養うといった学習スタイルが取り入れられているので、そこもポイント高いです。

 

0歳からはじめられて、「4・5歳」までは1歳きざみのコースがあります。
継続率93%だそうで、おそらくお子さんたちが楽しく受講できているということなんでしょう。
Webで体験レッスンが受けられるので、気軽に自宅で参加して判断できそうですね。
受講料も月額3,850円とリーズナブル。教材費も入会時に5,170円のみ。

 

全国1,400教室で12万人が受講しているようです。
幼児向けコースは「1・2歳」と「3・4歳」、「5・6歳」があります。
日々のレッスン以外にも年間を通していろいろなイベントがあり、子供たちも親と一緒に楽しめそうです。
正しい発音を身につけるために日本で唯一「ソルマーク式PRC-Method(メソッド)」という方式を採用しているようです。
教室数が多いので、多くの地域で受講可能なのは助かります。


 

 

以上、オリコン発表の2022年度顧客満足度ランキング1位から7位でした。
いかがだったでしょうか。

いずれのスクールも無料体験はおこなっているので、まずはお子さんに興味を持たせて反応を確かめるためにも、受講してみるのはどうですか?

どのスクールも年齢がこまかく分かれているので、まずは数ヶ月、あるいは一年間通ってみて反応をうかがいながら、少し違うなぁと感じたら乗り換えてもいいかもしれません。
住んでいる地域の近くにないと、なかなか通学させるにしても送迎などが大変です。
そうしたことを踏まえて、年齢ごとに総合的に見直して判断するのもいいと思います。

繰り返しになりますが、どれも無料体験コースがありますので、一度受けてみることをおすすめします。
体験後の子供の反応が、一番の判断材料になるでしょうから。

 

 

-子供の教育, 学び

© 2022 たちくら