学び 英語学習

社会人の英会話初心者はいきなり教室に行くな!事前準備とおすすめの教室選び

社会人の英会話初心者が教室に通う前にすべきこと

「英語を話せるようになるために英会話教室に行くぞ!」というかたはたくさんいると思います。
しかし、いきなり教室に通ってもそう簡単に話せるようにはなりません。
その理由と、どんなタイミングで英会話教室に通うのがいいかをお話しします。

 

英会話初心者はいきなり教室にいくべきではない理由

行くべきでない理由は簡単で、文法の基本ができていないうちに行っても上達しないからです。

おおくの人が基礎的な英文法の知識もあやふやなままでワーキングホリデーに行き、ほとんどの人は英語力が行く前とかわらぬまま帰国します。
一年も海外で生活していながら。冗談のようですが事実です。

その理由はいろいろありますが、英語のネイティブスピーカーたちの中にいきなり放り込まれても基礎的な文法が理解できていなければ、まず会話が成立しません。
最低限の『自分の思いを伝える』、そして『相手の思いを理解する』にはやはり英文法は重要です。

「英文法は知らなくてもいい」という人もいますが、あるとき自分の前に単語だけならべて話す人がやってきたとして、その人とスムーズに意思疎通ができるでしょうか。
難しいと思いますし、疲れます。

英会話教室で行うべきなのは英語で実践的な会話をすること、つまり『英語で思いを伝え、理解する』訓練をすることです。
そのためには英文法がある程度の完成度になっている必要があります。

 

どのくらいの英語力になってから通うべきか

前述したとおり、英会話スクールは会話でコミュニケーションする場です。
そこで英文法や語彙力を増やすという学習はできません。

基準としてよくつかわれる英検レベルやTOEICの点数は、それぞれ試験の特徴なども違っていて、一概に「この点数くらい」とは言えません。

基本的な英文法を網羅的に復習しおえていて、日本語の短文が瞬間的に翻訳できるレベルまでになっていればいよいよ実践レベルかと思われます。
教材としては『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』がある程度スラスラ口からでてくれば、英会話スクールでもそれなりの練習ができるのではないかと思います。
ただし、もっと本質的な英文法を身につけてからスクールに通うことでさらに知識が深まります。

 

英会話スクールに行く前にやるべきこと

通うまでには、やはり基本的なただしい英文法を身につけることは必須です。
そのためにやるべきことは自分の弱点を知り、徹底的に潰しておくことです。
さらに言えば、前述した『本質的な英文法』の修得です。これが一番会話をスムーズにするキモになると思います。

 

自分ができないことを知る

まずは自分が何をできないかのウィークポイントを知ることです。文法なのか語彙力なのか、または会話力なのか、リスニング力なのか。
それを知ることで優先的にやるべきことが明確になり、効率的な学習ができます。

人それぞれいろいろなパターンの弱点がありますよね。英文法は完璧だけど聞き取れないので返せないとか、語彙力はあるけど文法がいまいちで聴いても正確な意味がわからないなどなど。

それぞれの弱点をつぶしていくことで能力は上がっていきます。

 

どこまでやるべき?

最低でもかんたんな日本語の文を、あたまの中で翻訳して言えるくらいにはしておいた方がいいです。
範囲は広いですが中学で習った文法をさらっと、どんなものだったかがある程度理解できていればいいと思います。するとたいていの短文なら楽に翻訳できるはずです。

部分的に忘れていたとしても、本をみれば思いだせると思いますし、『瞬間英作文』のような本で練習すれば、中学の英文法を総ざらいできると思います。

また、もっと重要なのはやはり『本質的な英文法』を知ること
ここで深掘りしませんが、つまり英語脳を学ぶことです。

帰国子女でもないかぎり、英語のネイティブが使う英文法の感覚と中学で日本人が教える英文法では、感覚的な部分が異なっています。

このような本質部分を知るためには『核心のイメージがわかる!英文法キャラ図鑑』などのような書籍で少しづつ身につけていくしかありません。
このことを知っているのと知らないのとでは、将来的に英会話力の上達には大きな差がでてきます。

 

アウトプットの割合

いよいよ英会話スクールで実践となっても、上級者でないかぎりはあまり頻繁に通っても上達の速度は変わらない気がします。
なぜなら深い議論ができないため、新しい言葉や難解な単語をやりとりする技術がないので。

おすすめの割合としては、自分での学習「9」に対して、スクールでの会話「1」の『9:1』くらいがちょうどいい感じじゃないでしょうか。
これは株式会社プログリッド社長の岡田祥吾氏もYoutubeの動画『「日本の英語教育は間違っているのか?」を徹底議論』のなかで仰ってました。

 

それぞれ特徴がある英会話教室

自分の学習スタイルに見合ったタイプの英会話教室を選ぶことが大切だと思います。
初心者のうちはどちらかといえば本気度を試す時期でもあると思うので、いきなり高額のスクールを契約する必要はないと思います。
むしろ自習っぽく前向きに取り組めればいいので、教室にいく時間をムダにしないためにもまずはオンラインがおすすめです。

ただ人によっては外にでて、いつもと違う環境で学習したいという方は、通学型のほうが集中できるかもしれません。

 

オンライン型の授業

オンラインの英会話スクールは移動がないですし、スケジュール調整がしやすいので時間がむだにならずおすすめ。
自分はすこし人見知りだなぁという方には最適で、知らない人とのコミュニケーションに少しづつ慣れる訓練ができるという意味でもオンライン授業が最適です。

 

家族で使えるオンライン英会話 クラウティ(学研)



なんと時間を家族で分けあえるという画期的なサービスです。お子様ともアカウントを共有できるので、ムダにすることがなくなります。
1日に1回という制約はありますが、習慣として英会話が格安でできるから最高です。

利用環境も、わざわざアプリをインストールせずにブラウザでできるので、スマホやタブレット、PCでも可能です。

3日間の無料体験がありますので、お試ししてみるのもおすすめです。

 

レアジョブ



オンライン英会話のなかでは実績や登録者数、評価も高いレアジョブ。
申し込みのタイミングによってはキャンペーンで2回分の無料体験授業もあります。
オンライン授業がどんなものかを知るうえでも、無料体験してみるのがおすすめです。

レッスン期間のしばりもなく、一レッスンあたりの授業料も他社と比較したらかなり安めだと思います。

 

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

英会話授業ではないですが、スキマ時間で講義を聴いてテストをするという単純な流れがあるので、脳が疲労する原因のひとつである「選択する」ということに頭を使わないので、楽に学習できるのです。

ストーリー仕立ての内容になっているので「話す」「聴く」という英語学習にかなり重要な感覚を刺激するので、自分の力が伸びていくのを実感できます。
僕自身もこの「話す」「聴く」という繰り返しがかなり効果が高いと実感しています。

 

それでも教室に行くなら

対面での授業は、臨場感とかこまかいところで言葉の発見があるので、本当の意味でのコミュニケーション力が身につくと思います。
オンラインでは味わえない突発的な会話とかもできて語彙力も深まるでしょう。
それゆえ、やっぱり中級クラスになったらおすすめの対面型スクール。

一定レベル以上で本気度高いならおすすめな教室をいくつか。

 

RIZAP イングリッシュ



ある程度の基礎を固める必要がありますが、本質的な英語を学ぶためには対面で筋トレのように鍛えていくライザップ式もありだと思います。

金額はお高めなので、本気度や金銭的余裕のある人、仕事でどうしても今すぐ英語力を高めないといけないという人にはおすすめですが、このスクールで伸びる人のポイントは『鬼のように質問ができる人』だと思います。

 

プログリット



こちらも本気志向の英会話教室です。
従来のスクールとの違いは、「なぜ上達しないのか」の原因追及をそのスクール独自のナレッジで解析してくれるところです。
なので英会話以外に、面談などの時間を設けて今後どうしていくべきかを指導してくれる点がいいところです。
どうしても一人学習はつらいもの。そのメンタル的な部分もサポートしてくれるのは助かります。

 

英会話教室はいつでも通いたいときにはじめられるので、まずはしっかり基礎固めしてある程度シャドーイングが完璧だと感じられる段階になったときに上達の選択肢として教室を考えてみてはいかがでしょうか。

-学び, 英語学習

© 2021 たちくら