学び 英語学習

スマホさえあれば【無料で】かならず英語が話せるようになる方法

スマホで英会話のアウトプット学習


独学で英語学習をするなら、スマホ一台あれば十分です。
この記事を読んでくれているあなたは、おそらくスマホを持ってますよね?
であれば、もはや英語を制覇する最初のステップは完全にクリアしてます。

これからお話する内容を、まずは実践してみてください。

「スマホだけで話せるようになる英語学習なんてムリだろう。」

まぁ、そう思いますよね。
それができれば誰も苦労しません。

でも、ミシガン大学の研究によるとスマホアプリでの学習でも、かなりの学習効果があることがわかっています。
場合によっては、対面の英会話スクール以上の成果があった例もあったようです。
※参考文献:Language Learning Through Social Networks: Perceptions and Reality

ただしこの記事は、文法をほぼ理解しているひと向けです。
「文法をあまり理解できていない」という方は、こちらの『社会人のための英文法のやり直し学習』をどうぞ。

中学・高校でしみついた学校の勉強方法にとらわれて『会話するための英語学習』をしてこなかった人は多いはずです。
僕自身も、ついつい読み書きつめ込み的な方法に走りがちでした。

どうにかこうにか苦労して英文法はマスターしたものの、さらなる伸び悩むヤマ場が現れます。
「膨大な英単語やイデオムをおぼえるなんてムリゲー。」
「どうしても会話のスピードについていけない。」
「わからないことが、どんどん積み上がる。」

こうした人たちが取り組むべき次の学習方法は、日常的にアウトプットする機会を持つことです。

「そうは言っても毎日忙しいのに、やっぱりムリゲー。」
「英会話スクールに行く時間もカネもない。」

でもそれが、普段持ち歩くスマホなら移動中や空き時間をつかって確実にスキルアップできるんです。
前述のとおり、スマホアプリだけでかなりの学習効果が期待できます。

MMD研究所の調査では、20〜30代の1日平均のスマホ利用時間は2時間から3時間という調査結果がでています。
であれば、毎日このうちの1時間くらいを英語学習にあてれば、どんなに忙しい人でもうまくやれば週に10時間以上はできます!

つまり、ほぼ【無料(タダ)】で効果のある英語学習ができるのです。
「ほぼ」というのはスマホ代だけ。

 

スマホ英語学習で準備するもの


それでは、準備するものとそれらをつかった学習の方法をみていきましょう。

 

用意するもの

  • スマホ

 

インストールするアプリ

  • 『英会話リスニング』アプリ
  • 『HiNative』アプリ(添削をしてもらえる)
  • 『Google 翻訳』アプリ(単語を調べたり文章を翻訳)
  • メモアプリ(使いやすいもの。Googleドキュメントなど)

用意するものはこれだけ。
アプリはすべて無料。

 

スマホ完結型の英会話アウトプット学習法

スマホだけで英語学習

準備ができたらアプリをつかって学習していきます。

 

聞き取りと発話で耳をならす

 

まずはアプリ『英会話リスニング』でその日におぼえる一つのトピックを決め、意味を理解しながら3回ほど聴きます。
わからない単語は『Google翻訳』アプリで調べます。
そのとき、調べた単語をつかって簡単な英文をつくり、日本語に翻訳テストしてみるのもいいです。

その後、意味を確認しながら声にだして読みあげます。

聴くときも読み上げるときも、できるだけ前から訳すように意味を理解していくクセをつけましょう。
ここまでで10分から20分くらいで終わります。

ポイント

  • 単語の使われかたがわかる
  • 文を読みあげて発話することで音に慣れる
  • 前から訳すクセが身についてくる
  • 興味あるトピックを選べるので飽きない

 

アウトプットして添削してもらう

 

ここで残りの時間をフルに使って理解を深めることが、最大の上達テクニックです。
理由は後述します。

一つのトピックをひととおり練習したら、その内容について自分の意見なり感想、疑問に思ったことを英文でメモアプリなどに書き込みます。
ここで『HiNative』アプリの出番です。

「書き出した英文を、ネイティブが読んでも理解してもらえるだろうか?」

すごく気になりますよね。

『HiNative』アプリを使えば、気になることを質問して誰かに答えてもらえます。
質問に答えてくれたネイティブともやりとりができるので、回答に疑問があれば、さらに踏み込んだ質問をしていきます。

ポイント

  • とにかく文の意味がわからないんですけど
  • おなじ意味の単語がいくつかあるのに、ここでこの単語なのはなぜ?
  • 書き出した英文を理解してもらえるか?
  • 難しい発音の単語があるけど正しく言えてるのか?
  • とにかくなんでも質問したい

質問は、テキストだけでなく発音などもチェックができるように音声や動画でも投稿できます。

質問のタイプがいくつかあって、プレミアム(有料)版でないとできない質問方法もありますが、ほとんどは無料でできるので安心です。
それほど待たずにネイティブスピーカーから回答があるので、無料ですが利用価値はかなり高いです。

 

質問することの重要性

 

僕はワーキングホリデーに行ったとき、ヨーロッパから来ていたある旅行者と多くの時間を過ごしました。
彼ははじめ「僕もあまり英語がうまくない」と言っていましたがあっという間に上達してしまいました。(母国語と文法がほぼ同じということもあるが)
理由は簡単で、イギリス人旅行者などのネイティブと話すとき、会話の多くが質問なのでたくさんのアウトプットができて、結果的に上達してしまうというわけです。
アウトプットの物量が上達へのカギです。

質問された側も頼られるので当然うれしくなります。心理学でいう「認知的不協和の解消」といった心のはたらきでついつい気になってしまい、いつの間にか多くの人が彼の先生になっていました。

※ここで紹介した『Hinative』のほか、さらに独学を後押ししてくれる進化型サービスに『HiNative Trek』があります。
スマホ完結型で、学習のすべてが一つのサービスでできます。
つまりオールインワン。
個別指導のように添削を受けられます。英会話スクールよりはるかに安い料金(¥200,000 / 年)で、スクールに通うこともなく短期間で英語力が伸びるので、将来的にはかなり安い投資だと思います。
レベルも高いので、ある程度ここで勉強すれば海外向けのECなどで稼げるようになるかもしれません。

 

この学習で得られること

 

アウトプットはただ話すのもいいですが、自分が疑問に感じたことをできるだけ早いうちに質問して、コミュニケーションの中で一つひとつ解消していくことが大切。

あなたもお感じのとおり、「質問+会話」のセットで練習することで、密度の高い学習が可能になります。

この学習方法で解決できること

  • 英単語やイディオムを、意味だけでなく「使い道」でおぼえられる
  • 前から訳すクセがつくので、相手の話すスピードに追いつく
  • 発話することで接続詞や前置詞、冠詞を意識しやすくなる
  • 質問することができるからスッキリする

-学び, 英語学習

© 2021 たちくら